Page: 2/2  << 
俺はしつこいよ。
『住めば愉快だ宇都宮』
このあいだマロニエリビングだったっけかな。「宇都宮の自慢をどんどん発信してください」という市長さんの記事が載っていたけど、自慢ってなにがあるかな。

ぼくが考えるに宇都宮の自慢は立地の良さなんじゃないかな。まず災害が少ないね。活断層が近くにないから大きな地震は起きないでしょ。台風の被害もあまり聞かないよね。海がないから津波の心配もないね。自然災害がないから安心して住めるという点はいいね。それが自慢になるかどうかは分からんが。
東京に近いという点もいいね。それから日光や那須などの観光地に近いというのもいいね。
そう考えると東京で働いた後に老後を宇都宮で安心してのんびり暮らすというのが宇都宮市の最善の戦略だよ。東京でしっかり稼いだお金を宇都宮でじゃんじゃん使ってもらう。
なのでターゲットは定年間近の夫婦。定年間近の夫婦にどんどん宇都宮に移り住んでもらったらいいと思う。施策としては宇都宮市は老人に優しいバリアフリーの街を目指すのがいいですね。これからの宇都宮の都市開発の軸はバリアフリーにあるんじゃない?初老の夫婦に完全バリアフリーの中心市街地に住まわせて、ジャズや餃子や妖精で楽しんでもらって、たまに日光や那須に行ったり、東京に行ったり。カリフォルニアのどこかの街にもそういう引退した夫婦が住む町というのがあるらしい。だからといって、巣鴨のとげ抜き地蔵みたいな街になるわけじゃないよ。もっとお洒落に。フランス人だって、パリでしっかり稼いだら南のプロヴァンスとかニースに移り住みたいというよね。そういう感覚です。

「子育てするにもいい街だから若い夫婦をターゲットにしてもいいんじゃないか」とか言わないでね。ターゲットというのは絞るから効果があるのであって、あれもこれも取り込んだら結局、効果のないものになるからね。最初は初老の夫婦で充分です。
ふうっ、そろそろ俺の出番か…
次の市長選いつかな…

ところで今日、マスターは洋服をうっかり裏表反対に着ちゃっています。赤ちゃんもね、肌が弱いから縫い目があたらないように裏表反対に着せるというよね。マスターも赤ちゃんなんだな。
| マスターとあっこさん | 12:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
マスターに宇都宮への熱い想いはあるか?
最近マスターどうしちゃったの?というくらいにこの手の話題にこだわってます。でもね、国の事業仕分けじゃないけれど、お金の使い方にはとってもビ・ン・カ・ンなのよ、わたくし。

「?」と思ったものリスト
宇都宮城址公園
表参道スクエア
宇都宮プライド
住めば愉快だ宇都宮

宇都宮城址公園は中途半端だなあ。お城は好きなんですがやっぱり天守閣ですよね。セメントと鉄骨で造った城壁には興味がないなあ。城マニアは多いけど、当時から残っている土塁なんかのほうによっぽど興味があると思います。

表参道スクエアはもはや可哀想ですね。宇都宮の街のど真ん中、二荒山のお隣にあのビル。あのビル100年くらいは残っちゃいますよね。わたくし、ビルを建てることにはちーっとも反対じゃございませんの。でも宇都宮表参道スクエアとかいうかっこいい名前付けたら誰だって、六本木スクエアみたいなビルとか丸の内の新丸ビルみたいなのが建つのを想像するじゃございませんか!城趾公園造る予算をこっちに回せばよかったのになあ。そして宇都宮の景気が良くなったら天守閣付きの宇都宮城を再現すればよろしかったのに!資源(ヒト・モノ・カネ)を集中させるのはマーケティングの鉄則。分散するとすべてが中途半端になることの見本のようです。こういうことをやっているとどんどん不景気が加速していきそうで怖いんです。

宇都宮プライド。100年先も誇れる宇都宮。そうなって欲しい。っていうか昔の宇都宮はスゴかったんですよね。最近出版された宇都宮今昔写真集を見ても分かるけど、凄い活気がありましたよね。戦前戦後も凄かったけど、25年くらい前までも活気がありましたよね。うえのデパートの前で並ばずに団子状にバス待ちして、バスが来ると我れ先に乗る感じ。JR駅前に屋台がずらっと並んでた頃。知恵を出せばまたあの活気が取り戻せるさ。
というのは優しく言ってるだけで、プライドとか誇りというのは自然に持つものだと思いま〜す。お金かけてやること?
| マスターとあっこさん | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
住めば愉快だ宇都宮
やばいよやばいよ〜。ちょっと調べてみたら、ずいぶん張り切ってやってるんだね、「住めば愉快だ宇都宮」キャンペーン。CMまで作っちゃてるじゃないですか!ここまでお金かけっちゃったのなら仕方がない。宇都宮市民としては税金が無駄にならないように協力したいところです。

こういうキャンペーンってあっという間に莫大な費用を使うものなんですよね。簡単に億単位のお金を使っちゃうんですよ。そして戦略がしっかりしていないとなんの効果もないという恐ろしいことが起こるんです。何億円も使って効果なし。これは怖い。億じゃなくて100万円くらいならいいかという会社もひとつもないと思うけど。

僕が広告代理店に入ってすぐに、アドマン研修というのがありまして、講師の一人に中谷彰博さんがいました。1ヶ月に本を一冊ペースで執筆しているあの人です。彼はもともと博報堂のCMプランナーだったんですがその中谷さんの言葉がとても印象的でした。「失敗したら自腹切る(お金のこと)」。失敗したら自腹切る覚悟で企画を練らなければダメだということ。何億円も使ってちっとも効果のないことやるなら、そのお金で社員の福利厚生を良くしたほうがいいもんなあ。

あの「住めば愉快だ宇都宮」のCM。そのストーリーは全部作り話ですよね。結婚式でウェディングケーキの代わりに巨大な餃子に入刀したカップルは本当にいるのでしょうか?バーテンさんは粉チーズの缶をシェークするでしょうか?学校帰りに笛を吹きながら帰る小学生は宇都宮だけでしょうか?事実を積み上げて、本当に愉快だというなら市外の人も納得でしょうけど、あのCMは想像の世界だもんなあ。説得力ないよなあ。事実を積み上げるということが戦略を立てる上で大切なのになあ。どういう事実や客観的データから「住めば愉快だ」というテーマが生まれたのかが不思議。

あーあ。とうとうこのブログで真面目なこと書いちゃったよ。なんだかんだ言ったって、マスターも宇都宮のこと真剣に考えてるのよ。
| マスターとあっこさん | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
だいちゃんとようこちゃん 勝手に連動企画
だいちゃんとようこちゃんのブログを見てて、フムフムと思いました。 

「住めば愉快だ宇都宮」
これはなんですか。市が作ったキャッチコピーですか?
でもこれは本当らしいです。宇都宮に転勤してきた方が言ってました。「来る前は宇都宮かあと思っていたけど、来てみたら『住めば愉快』なんですよね」と。
でもこの「住めば愉快」というのは日本全国そうなのかもしれませんね。マスターの両親は実家が長崎と大分ですが、どちらも「住めば愉快」です。マスターは大学は新潟でしたが新潟も「住めば愉快」でした。就職して一年と少しだけ青森の八戸に住みましたが、そこも「住めば愉快」でしたね。転職して東京に行きましたが、住まいは埼玉でしたので、埼玉も「住めば愉快」。東京には住んだことはありませんがきっと「住めば愉快」なのでしょう。
だからね、この「住めば愉快だ宇都宮」というキャッチコピーはちと弱いんじゃないかなと思います。どこに住んだってだいたいは愉快なんだから。
どうせキャッチコピーを作るならもっと積極的に、「このコピーの認知度が高まれば(マーケティング的な)勝ちなんだ!」という戦略に基づいて作らなきゃ。
マスターは東京で広告代理店でマーケティングプランナーやってたからこういうの好きなんです。お節介してみました。

「すげえべ!宇都宮」
宇都宮はカクテルの街なんだ、すげえべ。
銀座のバーテンさんもカクテルは宇都宮に修行に来んだ、すげえべ。
宇都宮は餃子の街なんだ、すげえべ。
宇都宮市民は水分は餃子で採ってんだ。水飲んだら糞詰まりで死ぬんだ。ハムスターみたいだべ?だから静岡に負ける訳なかんべよ。
宇都宮はジャズの街もやってるんだ、すげえべ。
あの世界のナベアツっているべ?いち、に、さーんていうひと。あのひとが宇都宮の出身なんだ。すげえべ。いち、に、さーんはたぶんワルツかもしんねえな。ワルツもジャズになんだかんね。ワルツ・フォー・デビー。知んねえの?
宇都宮は妖精の街もやってんだ、すげえべ。
ほんとに、いるんだよ、妖精。うんうん頷きながら歩いてるおじさんいるべ?あれ妖精としゃべってんだよ。
こんなの東京にもねえべ?すげえべ?。
住みたくなっぺ?来てみたくなっぺ?

「すげえべ、宇都宮」
なかなかいいコピーと思いますが、市長さんいかが?
| マスターとあっこさん | 05:29 | comments(1) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode