Page: 2/4  << >>
パリ日記 2017 6日目 土曜日 夜ごはん『家常菜館』

お昼ごはんをラミジャンで食べたあとは、必ずお腹いっぱいなので歩け歩け大会です。

 

 

Grand Palaisグラン・パレ。

 

Petit Palaisプチパレ。

プチパレの中は無料で入れる美術館。

無料といってもスゴイよ。

 

歩いて歩いて、レピュブリックのアパルトマンまで帰ってきました。

パナシェとリカールでホッと一息。

アパルトマンのすぐ近くのLA TOUR DE TEMPLE(ラ・トゥール・ド・テンプル)というカフェ。

 

アパルトマンで休憩したあとは夜ごはんに繰り出す。

アール・ゼ・メチエ近くの中華料理屋さん。

アール・ゼ・メチエ周辺は美味しいアジア料理屋さんが多い。

この店の隣の隣あたりはボブン(汁なしフォー?)で有名な店。

 

辛いものを食べるのでビール。

 

前菜代わりに青梗菜とキクラゲの炒め物。

豚の皮の揚げたのが入ってるんだけどね〜、疲れた胃には要らないね。

でもお野菜がたっぷり取れるって嬉しい。

フランス料理はお野菜がたっぷり取れないからね。

 

この店の一番人気、水煮牛肉。

有名な四川料理です。

グツグツ熱いのに牛肉は適度な火入れでとても柔らかい。

下に豆腐も入ってました。

そうだなあ、味付けは麻婆豆腐をスープで伸ばした感じ?

唐辛子の辛さと山椒の痺れる感じ。

これはハマりますわな。

 

帰りにアール・ゼ・メチエのちっちゃいカルフールで買ったワイン。

6ユーロくらい。

 

| マスターとあっこさん | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
パリ日記 2017 6日目 土曜日 昼ごはん『Chez L'ami Jean シェ・ラミ・ジャン』

この日はブーローニュの森へ少し遠出してみようということで、凱旋門へやってきました。

この凱旋門近くからブーローニュのルイヴィトン美術館へのシャトルバスが出てます。

 

これがルイヴィトン美術館。

ものすごい行列だったし、寒かったのでサクッとあきらめてバスに乗って帰る。

凱旋門に戻ってシャンセリゼ通りを歩く。

疲れてお茶をする。

シャンゼリゼ通りにあるマルセイユの雰囲気のカフェ。

店員さんがみんな横シマのマリンルック。

お会計でお釣りをもらうと10ユーロ少ない!

言ったらお金は返してもらえたけど。

あれは間違えたんじゃないね。わざとだね。

ただでさえ高いコーヒー代なのにさらにぼったくろうとは治安の悪いマルセイユの雰囲気そのままのぼったくりカフェでしたよ。

 

シャンゼリゼから歩いてラミジャンへ。

 

隣のテーブルとの隙間はない!

これがパリのビストロ!(全部じゃないけどね)

 

店内に入るとシェフのステファンが客席で業者さん(かな?)と打ち合わせしてたんだけど、そのあと厨房に戻るといきなり怒鳴りまくってましたよ。

もうね、いつものことなんだろうけど、サービススタッフは頭を抱え込んでました。本当に。

そのあと大騒ぎするステファンに向かって客席からなぜか拍手。

するとステファンは「イエ〜!」とガッツポーズ。

熱い、熱すぎるぜ、ステファン。

そのあともずっとそんな感じで料理作ってました。

 

42ユーロのコースを頼みました。

ワインはアルザスの白ワインをボトルで。

 

アミューズ。というかスープ。

クルトンやらなんやらが入ったボールに

パルミジャーノのスープを注ぐ。

これはもう、ラミジャンのスペシャリテだね。

ほとんど必ず出る。

何回食べても美味しい。

 

鴨の心臓と鶏の胸肉。

鴨の心臓の衝撃的な美味しさ。

 

サーモンのミキュイ。

つぶつぶは日本のあられ。お茶漬けに入ってるやつ。

 

メインは鴨肉。

 

デセール。

パイナップルとココナッツとメレンゲのパフェ。

 

満席の店内。

これ以上に熱気のあるビストロはほかにないかもしれない。

 

 

ラミジャン近くのサンドミニク通りあたりを散歩。

 

どうってことのないカフェで休憩。

 

 

 

 

| マスターとあっこさん | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
パリ日記 2017 5日目 金曜日 夜ごはん『お家ごはん』と『タエコ』

ボンマルシェでお土産を買ったあと、

ボンマルシェ近くの熟成肉で有名な『イヴ・マリ・ブルドネック』に行きました。

 

熟成肉のショーケース。

 

これはスペイン産のワギュー。

100日熟成!

指で押したら戻って来なそう。

さすがにこれを買う勇気はなし。

 

40日熟成のTボーンを400gほど買いました。

 

サンジェルマンのドゥ・マゴで休憩。

カフェとヴァンショー。

 

サンジェルマン・デプレ教会。

 

アパルトマンに帰って早速料理。

お肉以外はアパルトマンの近くのモノプリで買いました。

 

美味しいシードルでアペロしながら料理。

 

 

 

材料が揃ってないからソース作りは大変だった。ソースなしでも良かったけれど。

しかし、肉の部分はいいけれど、脂身の匂いはちょっとイヤだったね。

口の中に入れるとまったりします。

 

モノプリのキャロット・ラペ。

 

 

ピエール・エルメのマカロン・ロゼとメゾン・ド・ショコラのチョコレートボンボンとエクレア。

 

アパルトマンの窓。縦長だからいい味出してる。

 

お家ごはんのあとに、オペラ方面に繰り出しました。

夜のオペラ座。

 

オペラ座近くの居酒屋『タエコ』に来ました。

ここであっこさんのお友達の『のりあき』と待ち合わせ。

 

パリのキリン一番搾り。

ラベルがちょっと違う。

 

マテ貝の煮付け。

 

タエコさんと記念撮影。

 

 

 

 

 

| マスターとあっこさん | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
パリ日記 2017 5日目 金曜日 昼ごはん『NEW HONG KONG FAST FOOD』

朝起きて〜、我が家的なカフェ、カフェ・アール・ゼ・メチエでカフェラテを飲む。

 

 

ポンピドー・センターの中を見たことなかったので、今回は見てみようと決心して行ってみた。

ものすごく並んでたのであっさりあきらめる。

 

少し歩いて、ピカソ美術館に行ってみた。

 

 

絵よりも建物の梁とか見てる方が好きだったりして。

 

なんか気に入った手のデッサン。

 

プクッとして可愛い手。

 

ひと通り見て、歩いてサンドゥニ通りへ。

なぜか気に入った『NEW HONG KONG FAST FOOD』。

 

 

揚げ春巻き。

 

フォー。

 

この店で一番美味しいと思われる、『牛肉の生姜炒め』。

チャーハンの上に乗ってる。

この料理が美味しくて作り方を教わったのだけど、イマイチ通じてなくて、チャーハンの作り方を教わってしまいました!

 

お昼ご飯のあと、お土産を探しにサンジェルマン方面へ。

メゾン・ド・ショコラを見つけたので入ってみた。

 

 

キャビアで有名なペトロシアンとコラボしてた。

ウォッカ入りのチョコレートとキャビア入りのチョコレート。

試食させてくれた。

 

そのあとお土産を探しにボン・マルシェへ。

冬トリュフ。すごく高いね。

フランス産は日本円で1キロ36万円!
パテ・アンクルートいろいろ。
パリのスーパーマーケットは楽しい。
| マスターとあっこさん | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
パリ日記 2017 4日目 木曜日 夜ごはん『Villaret ヴィラレ』

今回のパリ研修のテーマのひとつは「巴里の日本人」。

 

夕方からあっこさんの友人の「のりあき」と偶然知り合いだった「アイコ」さまとオペラ座近くのカフェでアペロしました。

「アイコ」さまは『降っても晴れてもパリ』という面白いブログを書いてたんですよね。

あっこさんとマスターもそのブログの大ファンでして、念願叶ってアイコ様に会うことができました。

アイコ様に会えて嬉しそうなあっこさん。

 

パリで四苦八苦する日本人と記念撮影。

パリでは日本人なら「えっ!」ということが起こる。

 

アペロのあと、晩御飯を食べに行く。

『Villaretヴィラレ』。

 

日本では「水のドンペリ」と謳っているシャテルドン。

 

コースも良かったのだけど、アラカルトにしました。

 

アミューズ。

これはなんのピュレかな?

 

ブルゴーニュの白ワインを1本。

 

マスターの前菜。

トピナンブールのヴルーテ、フォアワグラ入り。

トピナンブールは菊芋ですね。

 

あっこさんの前菜。

サーモンの燻製。

 

マスターのメイン。

ブレス鷄、トリュフがけ。45ユーロ!

 

付け合せのジャガイモのピュレもトリュフ風味。

 

あっこさんのメイン。

トリュフ風味のホタテ、トリュフ風味のピュレ。

これも45ユーロ!この一皿で5千円超え!

 

 

デセール。

パン・ド・ジェーヌとホワイトチョコのムース、プラリネのアイスクリーム。

パン・ド・ジェーヌがみっちり目が詰まってて重くて美味しく無かった。

 

カフェとプチフール。

 

 

またしてもお腹いっぱいになってしまいました。

この研修も半ば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| マスターとあっこさん | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode