Entry: main  << >>
パリ日記 2014 7日目 日曜日
もう日曜日。
お昼頃、日曜日にやってる人気のパン屋さん、Ble Sucre ブレ・シュクレに行く。

もうお客さんでいっぱい。

パン屋さんだけど、ケーキの種類が多い.

人気のクロワッサンとパン・オ・ショコラ、マドレーヌ。
そして今回のパリで見かけると食べてるイチゴのケーキ、フレジエを買いました。
クロワッサンとパン・オ・ショコラはフワーっと見事な層で膨らんでる軽いタイプです。
フレジエは一番上の固いメレンゲの層がいらないなあ。
マドレーヌは美味しい。

そのまま近くのマルシェ・アリーグルに行く。

旬のものいろいろ。

苺もたくさん。

ジロール茸もたくさん。

ホワイトアスパラ。めちゃ安いです。1kg5ユーロ(700円)くらい。

農家産の鶏。一羽27ユーロくらい!日本円で3,800円!
高級な鶏だ。フランスだと鶏イコール安い肉じゃないのね。
食べたいです。


アリーグルには色んなものが売ってました。
スタッフのお土産に買おうかものすごく迷ったアフリカのお面。


あっこさんが買ったナイフ。値切って5本で15ユーロ。

アリーグルの帰りにブレ・シュクレの隣にあったスクエア・トルソーで休憩。

フィガロに出てた。

店内もステキ。

この女の子はスタッフ。
ミニスカートのワンピースを来て、ポシェットを提げててかわいい。
店員さんかお客さんか全く分からない。
パリはそういうの多い。


そのあとバスティーユ界隈をぶらついた。

そして今回よく来てるフラン・ブルジョワ通りに行く。

パリに来たらやっぱり一度は食べないと気が済まない、ファラフェルを食べる。

なるほどなるほど。具はキャベツとキュウリと赤キャベツか。

これがファラフェル。
ピタパンにひよこ豆のコロッケと揚げ茄子とさっきの野菜が入ってます。
揚げ茄子もポイントだね。
ちょっと今回のファラフェルはひよこ豆のコロッケがしょっぱいと思った。


フラン・ブルジョワ通りにあったかっちょいい建物。


ヴォージュ広場。

広場のど真ん中に建ってるなんかの像。

神は細部に宿る。



オペラ座を見る。通り過ぎただけ。
そのまま歩いて、マドレーヌ寺院へ。

大きいよ。

中。ステキ。


サントノレ通りを歩いて、おうちに帰って休憩。

夜ご飯はヨシキとトシコを誘って。
パリに来たら是非とも食べて欲しいクスクスです。
お気に入りのCHEZ OMAR シェ・オマール。
クスクス屋さんもいろいろあるけど、ここはなんだかアバウトなというかおおらかな雰囲気で好き。

まずはロゼで乾杯。このピシェが可愛い。


前菜。アーティチョークの芯のサラダ。
海老とアボカドのサラダ。
サラダクリュディテ。

サラダクリュディテ。
絶対これはクリュディテじゃないよ!
クリュディテは根菜のサラダだよ。
これはツナとアボカドのサラダだ!


クスクス・ロワイヤル。

ワインもたくさん飲みましたね。

このあとメトロに乗ってみんなでオデオンに行ったんだ。
ヨシキとトシコに老舗カフェのプロコープとその裏通りを見せたかったので。
そのまま歩いてサンジェルマンデプレのドゥ・マゴで一杯。

店名になっているLes Deux Magots。ふたつの中国人形。


そのまま頑張って歩いて、ポンデザールへ。

今回初めて夜景を見た気がする。
冬ならあっという間に暗くなるけど、6月は23時くらいまで明るいからなかなか夜景は寝てしまって見られない。

ご飯はあまり食べてないけど、ポンデザールからの夜景を見られて充実。
| マスターとあっこさん | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode