Entry: main  << >>
料理とピアノと
リストのハンガリアン狂詩曲 第6番。
ピアニストはジョルジュ・シフラ。
リストを弾かせたらシフラはやっぱり凄い。
後半部のフリスカ。右手のオクターブ奏法がびっくり。
薬指と小指を駆使して、まるで鍵盤上を蜘蛛が這っているようだ。
だから移動がとても滑らか。
やってみると意外とできない!(あたりまえか)
スローモーションで見たい。(誰か譜面に指番号を書いてくれないかな)
ピアノを弾く人にとってはリストを弾くというのは目標のひとつじゃないかしらん。
好き嫌いはあるとして、これくらいのテクニックがあったらなあって。


それで常々思っていることだけど、料理とピアノ(とか楽器演奏)はよく似ている。
レシピ(楽譜)をよ〜く見て料理(演奏)をする。できないところは繰り返し練習。
そしてそのレシピに自分の解釈が入ったりするとさらに人と差がつくね。

料理とピアノの圧倒的な差は、料理は楽器演奏ほどのテクニックは必要ないってことだろうな。料理に必要なのは知識と経験だと思う。経験は想像力でもカバーできるね。
お肉の中心温度は想像力でだいたい分かる。今どれくらいまで温度がジワーッと中に入ってるかなあって。

それからお魚も鳥も動物も人間も脊椎動物なので骨格は似てます。
鳥と人間なんてほとんど一緒です。豚や牛ならもっと近いでしょうね。
だから想像力を働かせればどんなものも捌けますね。
背骨とあばら骨と肩甲骨と腰骨と形は違っても同じところにあるわけです。

音楽は聴いてすぐに再現するのは難しいけど、料理はけっこう再現できる。微妙な違いはあるけれど。それは解釈、考え方の違いかな。正解はないわけで。よく焼いたお肉が好きな人もいる。濃い味が好きな人もいる、薄いのが好きな人もいる。バターたっぷり重いのが好きなひともいる、オリーブオイルと野菜のピュレなんかで軽く仕上げる人もいる。

料理は難しくないけど、考え方でいろんなバリエーションができる。
一番難しいのはテクニックじゃなくて意外な組み合わせの開発か?
音楽と一緒か。




| マスターとあっこさん | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode