Entry: main  << >>
パリ日記 2012 8日目(最終日) 
2月27日月曜日

1週間経ってまた月曜日なってしまいました。
今日は帰国の日。

アパルトマンのチェックアウト時間が午前10時なので、朝ご飯を食べにモントルグイユへ。

カフェ・デュ・セントレ
プチ・デジュネ(朝食)。
カフェ、オレンジジュース、パンとバターとジャムのセットで 7.5ユーロ。
最後のモントルグイユを堪能。名残惜しい。

部屋に帰ってお掃除してチェックアウト。
飛行機の時間が夜の11時なのでそれまでの時間つぶしがつらい。
荷物をルーブル美術館に預ける予定。

ルーブル近くのカフェでデジュネ(昼食)。
目の前にメトロの入り口。芸術家の作品。

パナシェで一息つく。
本日のランチセット(手前)。
鴨のコンフィとフォワグラの脂を使ってソテーしたジャガイモ、イチジクジャムを塗ったパン。コンフィも美味しかったし、ジャガイモも素晴らしくおいしかった。
もちろん、胃は脂で疲れた。
これで17.9ユーロ。カフェらしい値段。
奥はあっこさんのニース風サラダ。
サッパリしてそうだ。
食後のカフェ。これは別料金。
パリのコースにデザートがつくことはあっても、飲み物が付くことは滅多にありません。

さて、時間つぶしにルーブルに行くと、なんと!
荷物を預かってくれなくなってました!ガビーン。
まあね、テロとか物騒だしね。そりゃそうだよね。
荷物の中に爆弾が入ってたなんてこともあるかもしれないですもんね。

というわけで北駅のコインロッカーに向かう。
北駅のコインロッカーはテロ対策ということもあり、とても厳重な警備体制です。
赤外線カメラ、金属探知器を通って行きます。
こういうのを見ると日本は平和だね。
ほとんどの駅にコインロッカーがあるもんね。
パリにはほとんどの駅にコインロッカーはありません。

さて、ルーブル再び。
ササササーっと見て回る。
午後6時の閉館時間。

ルーブルを出てまた北駅に行き荷物をピックアップ。あー、めんどくさい。
そのまま北駅からRERで空港まで行ってもいいのだけど、大荷物だし、満員電車だと大変なのでオペラガルニエ発の高速バスにする。

北駅からオペラまでの地下鉄の途中にモントルグイユ最寄りの駅のエチエンヌ・マルセルを通った。思わず飛び降りる。
まさかまさかのモントルグイユ再び。
モントルグイユのランドマーク、サン・トゥスタッシュ教会。

サン・ドゥニ通りの中華屋さんで晩ご飯。
中華なのにPHOフォー。
リ・カントネと牛肉の生姜炒め。
すごく美味しかった。
パリの中華は油っぽくなくていい。


いよいよ行かなくては。ああ、なんて名残惜しいのだろう。


高速バスに乗るためにオペラガルニエに。
夜のオペラガルニエ。
オペラのうしろ側。
1週間前に来たときはここから始まったのにね。

さよならパリ。
また来るけんね。


| マスターとあっこさん | 21:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
こんばんは!
私は前回、オペラ座近くのうらばすに荷物を預けましたよ〜。
http://www.urabass.com/

受付のお姉ちゃんがとっても無愛想だったけど(笑)。
Posted by: 泉美咲月 |at: 2012/03/26 9:06 PM
そういえば「うらばす」って聞いたことあります。
パリで愛想のいいお姉ちゃんを見つけるほうが難しいです。少し愛想がいいだけでもものすごく感じが良く見えます。
Posted by: マスター |at: 2012/03/27 11:51 PM








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode