Entry: main  << >>
パリ日記 2012 7日目
2月26日 日曜日

日曜日のパリは休みのところが多い。
もちろん人気のビストロも休みが多い。

でもね、今回のパリの目的はステーキだったでしょ。
日曜日にも営業している人気のステーキ屋さんがあります。

まず、まずは落ち着いて朝カフェ。
カフェ・ド・フロールです。あっこさんは日記書き。
カフェオレを2つ。
コーヒーと牛乳がそれぞれポットに入っていてたっぷり飲めます。

12時の開店までに少し時間があったので、
ラデュレでマカロンを2個だけ買う。
マカロンローズとマカロンギモーブ。
あっこさんはマカロンローズはピエール・エルメのほうが好みだったようです。
エルメのマカロンを30個ほど買っておいたのでホッとしました。
緑のはギモーブと言うマシュマロサンド。
森永エンゼルパイみたいで美味しい。


さあさあ、今日の目的のお店、
le Relais de l’Entrecôteル・ルレ・ドゥ・ラントルコート です。
お母さん役のようなサービスの女性が面倒を見てくれます。
ステーキ専門店なので、注文は焼き加減を訊くだけ。
テーブルにつくとすぐにサラダが出てきます。

ワインはやっぱりロゼ。昼飲むには最高なのよ。

これがその有名なステーキです。
まず半分出てきます。
残りは冷めないようにロウソクの上で温められています。
お肉は脂肪分はほとんどないにも関わらずに柔らかいです。
とてもおいしい。
そしてこのソース。
これがカフェドパリソースか?
想像していたものよりもしっかり酸味のあるソースです。。
タイミングを見計らって温めておいた残りのお肉とポテトをよそってくれます。


ステーキを食べた後はやはりカロリー消費のために街歩き。
パンテオンです。
パンテオン斜めから。

パンテオンの近くのムフタール通りに行ってみる。
日曜日でマルシェなんかもやってないし、閉まってるお店も多い。
らんつま、らんつま。

アパルトマンに帰る途中にモントルグイユのストーレーに寄ってケーキを買う。
ババシャンティーとエクレール・カフェ。
どちらもものすごく美味しいです。
実は前の日にもストーレーで買って食べたケーキ。
ババ・オ・ラムとパイナップルとナッツのケーキ。
このパイナップルとヘーゼルナッツのケーキ(名前なんだっけかな、ヌメアだっけなあ。)はあっこさん絶賛でした。

あっこさんは缶入りのパナシェを飲んでいる。
僕は風邪気味で少し疲れたので休憩。

夜ご飯は胃に優しいものを食べにいく。
アパルトマンの向かいにある「有名堂」。
若い中国人たちがやってる中華のお店です。
ずっと気になっていてやっと来れました。
中国茶。
サヤインゲンの炒め物。
白くてへろへろしたの(湯葉か?)が面白かった。
麻婆豆腐。
水餃子。
あっこさんはこの水餃子も絶賛でした。
「有名堂の水餃子美味しかった〜」といつまでも言ってます。

そのあとはグリル・モントルグイユで食後の一杯。
今回の旅ではグリル・モントルグイユでの食後の一杯の回数が多かったな。
あっこさんはヴァンショー。
僕のはアイリッシュ・カフェ。
このアイリッシュ・カフェ、ウィスキーがものすごく濃かった。

明日帰国なので、パリ最後の夜でした。
ああ、寂しい。

| マスターとあっこさん | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode