Entry: main  << >>
パリ日記 2011 5日目(前半)
2月25日、金曜日。

早起きしてネットで調べた『オー・ルヴァン・ド・マレ』と思われるパン屋さんへ行く。
このパリで一番クロワッサンが美味しいと言われている『オー・ルヴァン・ド・マレ』には3年かかっても店を探し出せていない。

今回はアパルトマンのWIFIを使って新しい情報を仕入れたので間違いないんじゃないかな。

たぶん『オー・ルヴァン・ド・マレ』。
どこにも店名が書いていないので怪しいですが。
ボーマルシェ通りの28番地。『オー・ルヴァン・ド・マレ』ですか?
パリで一番とうわさのクロワッサン。
フワッと軽い。バターの折り込みがうまいのとバターがいいんだね。

『オー・ルヴァン・ド・マレ』から近いバスティーユのカフェでカフェを飲む。

このあとまだ10時前だったのでノートルダム寺院の塔を見学しに行く。
キマラかゴブリンかガーゴイルかと一緒にパリを眺める。
家の屋根に乗っかっているのは植木鉢じゃなくて煙突。
部屋の数だけ煙突がある。
上から見るとパリの家はロの字型に造られていて中庭があるのが良くわかる。

ノートルダムの鐘。太い梁に吊るされている。
木の梁が組まれていて歴史を感じる。

『オー・ルヴァン・ド・マレ』(たぶん)で買っていたパン・オ・レザンをノートルダムの前で食べる。
ものすごい数の鳩がよって来る。
足でダンダンダンと『まんぷく』の真似をして追っ払う。


ランチは一昨年入れなかった『ル・ヴェール・ヴォレ』にリベンジ。
人気のお店なんだね。席があくまで外で待ちました。
『ル・ヴェール・ヴォレ』のワインは全部自然派。35ユーロくらいかな?
軽く食べるつもりなのであっこさんはホタテのポワレ、10ユーロなり。
軽くでいいけど10ユーロでこれは軽すぎだろう!?
マスターはサバのポワレ、照り焼きソース、18ユーロ!
この18ユーロは高いね。
日本人だとこれは納得できないなあ。
まわりの人たちが注文してる肉料理はビストロな感じのボリュームだったので、『ル・ヴェール・ヴォレ』で魚介料理を注文するのが間違いだったような気がします。


デザート。リンゴのクランブル。7ユーロくらいだったかな。フツー。
ムースオショコラ。7ユーロ。
これは美味しい。
どのくらい美味しいかというと、今あっこさんはこのムースオショコラを目指して試作しているくらいです。

結論。『ル・ヴェール・ヴォレ』で魚介料理を頼むと高く付く。


さあて、この日もまだまだ続くので続きは後半で。


| マスターとあっこさん | 15:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment
あっこさんのムースオショコラ。楽しみにしています。
Posted by: 俊 |at: 2011/03/14 7:39 PM








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode