Entry: main  << >>
『カスレ』の作り方 はじめに
『カスレ』を作る前にまずはカスレについてのお勉強。
伝統料理や地方料理を作る前には少しその料理の歴史やその土地の風土を考えると面白いです。お料理の方向性が決まります。
例えばお料理の最初によく、にんにくや玉ねぎ等の香味野菜を炒めますが、サラダオイルで炒めるか、オリーブオイルで炒めるか、ラードかバターかなど地方によって違います。
炒め油によって仕上がりの風味も違うし、そういうところから考えるのも面白いものです。何も考えずにおもむろに始めるよりもお料理全体の構想を練ってから作ると失敗が少ないです。


読むと分かるように、カスレの主役はインゲン豆とお肉。インゲン豆は付け合わせやアクセントではなくて主役です。
そしてオック地方の伝統的な油はラードです。
お肉のうまみを吸ったインゲン豆とラードのコク。そういうカスレを目指しましょ。

じゃあ今日はここまで。

| マスターとあっこさん | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode