Entry: main  << >>
パリ旅行日記 2010 8日目
3月1日月曜日 晴天。超晴天!

朝起きて、具合の悪いマスターのためにあっこさんがマルシェUにオレンジジュースを買いにいく。朝のスーパーは人が少なくていい。温かくてコートがいらない。

12:00にチェック・アウト。重い荷物を背負ってどこに行こうか。St.Eustacheサン・トゥスタッシュの隣のカフェで時間をつぶす。あっこさんはパナシェ、マスターはショコラショー。
マスターのショコラショー。店員さんがガンッて置いたからちょっとこぼれた。でもこういう大雑把なところも好き。パリなら許せる。(日本でもマスターは気にしないけど)


超混雑していて、テラス席の我々は隣の人の肩とずっと触れ合っている状態。ビストロでも隣の人と肩と触れ合う状態のお店が結構ありますが、日本人はこういう状態で食事をするのが苦手な人が多いですよね。NOZOMIも言ってたけどラミジャンでもそういう感じなので「隣の席とくっつき過ぎで落ち着いて食事を楽しめなかった」という感想を漏らす日本人が多いらしいです。でもパリに来たらパリスタイルを楽しまなくちゃ!パスポートのいらないパリを目指すル・メトロでも行き着くところは隣の人と肩を触れ合って食べてもらうのが目標です。


そのあとルーブルでさらに時間つぶし。
ルーブルでは荷物を預かってもらえるし、出入り自由なので(外に行って買い物してきてもOK!)飛行機までの時間がある方にはお勧めの時間調整です。前回同様、サクッと見て終わり。(大き過ぎてじっくり見る気になれない)

ルーブルから見たエッフェル塔。

帰りは空港までバスにするので空港バスが出ているオペラ・ガルニエに行く。
オペラ座前のカフェでホット・ミルクを飲む。それとリンゴのタルト。

バスに乗って空港へ。
短い間のパリ生活終わり。寂しくなる。

〜ここからはあっこさんの日記です〜
(帰りの飛行機の中)白ワインでほろ酔い。もっと飲みたいところだが・・・やめておこうかな。あと3日・・・、欲しかったな。カフェで食事をしたかった。
朝起きてモントルグイユのパン屋に行って、スーパーでジュースを買い、カフェに立ち寄りコーヒーを一杯。毎日、そんな生活が送れるパリの人々がうらやましい。


| マスターとあっこさん | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode