Entry: main  << >>
パリ旅行日記 2010 7日目
 2月28日。日曜日。明日は帰る日だよ。帰りたくないねえ。
台風の影響で朝から風が強い。フランス全土で40人くらい死者が出たらしい。たぶんバルコニーに飾ってある植木鉢なんかが落ちてきて運悪く頭に直撃したんだろうと思う。朝、パリの街を歩いていると道路のあちこちに植木鉢が割れたのを見かけたのでそういう推理をする。

朝、モントルグイユのカフェ・セントレでカフェ・クレムを飲みながら、誕生日にもらった「食堂カタツムリ」を読み終えた。カフェは基本的に犬を連れてきてもいいみたい。犬を連れたお客さんが2人いました。それからカフェは持ち込みOKです。ストーレーで買ってきたクロワッサンを食べている人もいました。どこまで持ち込みOKなのかは分かりません。持ち込みでパーティーを開いたらダメと思います。

夜はNOZOMIとご飯を食べる予定なので昼は軽くパンにする。
パン屋に大行列!一人勝ちの図。
モントルグイユで日曜日に開いているパン屋はここだけだから一人勝ち状態。
フランスではパンは国民食。パン屋が一斉に休むとパンが買えなくなるので一定のエリア内では順番に休むことが法律で決められています。あとフランスではパンの作り方、長さ、値段も法律で決められています。さすがフランス。パンの国。
マグレカナルのサンドイッチとクロワッサンとパン・オ・ショコラ。
ワインはソミュール・シャンピニー。

この日もいつものようにお昼寝をしていたら、寒いのを我慢してお昼寝していたので風邪をひいた。ブルブル。

NOZOMIとアール・ゼ・メチエ・カフェで待ち合わせ。NOZOMIがRicardリカールを頼む。やっぱり1度じゃ通じない。パリ在住3年になるのにね。Rアールの発音が難しいんです。
下戸祭のケーキ屋さん『ル・コフレ』のシェフに教えてもらったモロッコ料理の『404』にNOZOMIとNOZOMIの友達のニルスと4人で行く。

クスクスは『404』がお勧めと『ル・コフレ』の渡部さんが教えてくれた。
えっ!こんなところにという感じの外観。中は異空間。
グリーンピースのサラダ
クスクス。皿に盛ったところ。というか写真撮り忘れたので食べかけ。
風邪をひいてそんなに食欲がないので、グリーンピースのサラダと野菜のタジンとクスクスロワイヤル(3人分)だけ。クスクスはボリュームがあります。それとモロッコの白ワイン。
初タジンでした。タジン鍋が食材を劇的においしくするとテレビを見て信じていましたが、さすがにそんなことはないんだなと思いました。鳥のブイヨンなんかで蒸した方がもっと美味しくなると思います。
クスクス美味しいです。パリ一番かも。NOZOMIも気に入ったみたいです。
ところでNOZOMIの友達、ニルス23歳が面白い!日本に仕事で何回か来ていて、日本語けっこうできる。そして日本の電車オタク!もちろん、「ニルスの不思議な旅」も知っている。
食後のミントティー。甘くて美味しい。

NOZOMIとお別れして、パリの最後の夜をモントルグイユのロシェ・ド・カンカルで。
あっこさんはカルバドス。マスターはシードル。マスターは風邪で相当キツいです。

具合が悪いのでアパルトマンに帰って寝る。
| マスターとあっこさん | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode