Entry: main  << >>
パリ旅行日記 2010 6日目
2月27日土曜日。まずまずいい天気。

朝起きて、快調、快調。なんか食べられそう!
モントルグイユのCafe Centreカフェ・セントレに行ってカフェクレメとパリの朝食の定番タルティーヌを食べる。タルティーヌはバゲットを半分にスライスしてバターを塗ってジャムを付けたもの。フランス人はこれをカフェクレメに浸して食べます。僕は浸さないけど。カフェクレメにバターの油脂分が浮いて嫌だから。
プチ・デジュネ

そのあとBOVIDAとかMORA(キッチン道具屋さん)に行って、エプロンを買う。素敵なのがいっぱい。「最近、マスター素敵ね」と思ったらそれはパリのエプロンのせいかもしれません。

お昼ご飯は「もう一度行きたい」とあっこさんが言っていた『Le Pappileレ・パピーユ』へ。それほどあっこさんが気に入ったようです。さっそく電話して予約。早めにバスで行って、近くのリュクサンブール公園でひなたぼっこ。
気持ちいいねえ!

さて、パピーユに行くとなんと土曜日はコースだけ!あっこさんは前回食べたタルティーヌ(オープンサンドもタルティーヌと言う)を食べる予定だったのに!
「やばい!しくじった!あっこさんにコースを食べる余裕はないよ。俺の出番か」
ということでコースを2人分注文。
ワインはロワールのシノンをボトルで。

ズッキーニとフェッタチーズのスープ。
スープのボウルが大きすぎる!おいしいけどフェッタチーズはしょっぱい。

メインは8〜10時間煮込んだ牛肉の赤ワイン煮込み。
皿に盛ったところ。まだ鍋に残っている。とても美味しい。

チーズは・・・。忘れた。青カビのチーズです。あっこさんは断る。

デザートはオレンジのパンナコッタ、キャラメルソース。キャラメルソースおいしい。
パピーユとかラミジャンが載っているビストロのレシピブックが店内で売っていたので買う。
パピーユの厨房はびっくりするぐらい狭いです。あの狭い厨房であの客数(20人以上)をこなすんだからすごいなあと感心する。料理も基本はひとりみたいです。


その後はいつものように歩きまくってカロリーを消費する。
サンジェルマンデプレであっこさんはMONOPRIXでお買い物。
そのあいだマスターはカフェ・ケベックでMONOPOLYしてお留守番。
モノプリ、モノポリ、韻を踏んじゃったよ。HEY!YO!BROTHER!
クラブ行ったことないけどね。

そしてアパルトマンに帰ってフランスのどっきりカメラみたいなのを見て大笑い。
フランスのどっきりはドギツイねえ。預かってた犬が目を離した好きに感電して黒こげになっちゃうんだもんなあ。

夕方、サン・トゥスタッシュ教会の横のカフェでパナシェを飲む。パナシェ好きねえ。
雨が降り始めたけど、そのまま散歩。レ・アール、ポンピドゥーセンターあたりをぶらぶらして、最後はアール・ゼ・メチエでカルヴァドスとリカールを頼む。が!リカールじゃなくてデカフェ(カフェインレスコーヒー)が出てきた。リカールの発音は難しい。

夜は軽〜く、また中華をアンポルテ(テイクアウト)して食べた。


| マスターとあっこさん | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode