Entry: main  << >>
パリ旅行日記 3日目
パリに来て3日目。じつはそんなに興奮度上がらず。しかし、この日は違うぜ!今日はメインイベントがあるのだ。

まず朝起きて、ぶらりと近場のモントルグイユで朝の買い出し。エリック・カイザーでバゲットとクロワッサン、パン・オ・ショコラを。



そしてストーレーでルリジューズ・カフェとババ、オペラを買ってアパルトマンに戻る。
ストーレーは美味しいねえ。ルリジューズ・カフェもコーヒークリームがすばらしい。前日のメゾン・ド・ショコラのエクレール・カフェもだけどパリのお菓子屋さんのコーヒー味は素晴らしいね。何を使ってるんだろう?このコーヒークリームは是非とも再現したいね。あとオペラも軽くて美味しい。ババ(サバランに似た感じ)はストーレーのスペシャリテでこれまたシンプルなんだけどなんか美味しい。さすがパリ。


そしてこの日のランチ。パリに行くなら絶対に行く!今、パリで一番食べたいお店!しかも出しているパンはあのプージョランのもの!L'Ami Jean(ラミジャン)。バスク地方料理のビストロです。パリの仲間を誘って5人で言って来ました。
このお店、友達のNOZOMIが働いているんです。彼女はプラクチカのすぐ近くに住んでいて、当時もフランス料理店で働いていました。彼女には内緒で行ったのでとてもびっくりしてました。
噂に聞いていたとおり、今、パリで1,2を争う人気のビストロ。70席ある席がすべて埋まっていました。テーブルとテーブルの感覚はとても狭い。奥の椅子に座る場合、まず、テーブルをひいて、お客さんを椅子に座らせて、またテーブルを戻すという具合。活気があります。
客席から厨房が見えますが、シェフのすぐ横でNOZOMIがいい動きをしています。
超忙しい店でいい動きをしているとパリの日本人料理人でけっこう有名みたいです。厨房ではみんな顔を紅潮させて忙しく動き回り、料理が出来上がるとシェフがパンパンと手を叩いてサービスを呼ぶ。熱いシェフ、熱い厨房。
お料理はというと、この日はシェフが食前酒にキールを御馳走してくれました。そしてさらに、アミューズに豚肉のテリーヌ(テリーヌ型ごと!)と生ハムも!メルシー・ボークー、シェフ!。テリーヌの出し方も良かったよね。他のテーブルで出したのか三分の一くらいすでにないテリーヌにナイフが突き刺さってるの。
う〜んビストロ!このテリーヌがまたとても美味しかった。なんか美味しい。なにが美味しいかって、なにがだろう。焼き方だって普通。挽き方だって普通。でもなんか美味しい。レバーの割合もいいんだろうな。以前、NOZOMIに聞いたら「適当です。適当」って言ってたけど、それでこの味になるの!?恐るべし、パリ。
オードブルにはパルメザンのスープやサーモン(名前は忘れました)、いかを使ったものを銘々が頼みました。パルメザンのスープは驚愕のおいしさ。


これもNOZOMIが毎日作ってるって言ってました。とにかくたっぷりのパルメザンを使うそうです。そしてサーモンといかのオードブルで印象に残っているのは、絶妙な火入れ加減と塩加減。この忙しいお店でそれが的確にできることがすごい!料理のおいしさって実はそれしかないとも言えるからね。そのあとのメイン料理もとても美味しい。

メイン料理にもシェフがサービスでトリュフをかけてくれました。メルシー、シェフ!
そしてデザートに同行の二人の青年が奇妙なものを頼んでいました。Riz au lait。リ・オ・レ。お米を甘い牛乳で煮たもの。

えー、食後に〜?彼ら、二人は好きみたいね。彼ら曰く、今までで一番美味しい。・・・・・・。ラミジャンに行ったら是非どうぞ。
肝心のプージョランのパン。お料理でお腹いっぱいで一切れしか食べられませんでしたが、しっかり焼かれて香ばしい皮と対照的にしっとり柔らかい中身、そして程よい酸味。こんどはそれだけでお腹いっぱいにするのもいいかもね。
『パリに行ってラミジャンに行かないのは、パリに行ってエッフェル塔を見ないようなもんだ!』byマスター

ラミジャンを出たあと、すぐ近くにイル・プルーの弓田氏やイデミ・スギノの杉野氏が修行したお菓子の名店、ジャン・ミエがあったので参拝する。カヌレ1個だけ買う。あこがれの名店には行くだけでいいんですよ!パリのお菓子屋さんはケーキだけでなく、キッシュはもちろん、サーモンやホタテのテリーヌ、エスカルゴ、ローストビーフまで作って売っているお店が多いんです。そりゃあ、かっこいいさあ。

ボンマルシェに行って、あっこさんが香水を買ったり(ラルチザン・パフュームね)、サンジェルマンデプレをぶらぶらしたり。

そしてセーヌ川にたどり着き、Pon des Art(ポン・デ・ザール 芸術橋)を渡る。ここから見た夕暮れ時のポンヌフやノートルダムを見て、あっこさんはパリが好きになりました。

じつはここまであっこさんはパリが嫌いかもと思っていました。タバコの吸い殻と犬の糞が道路中にあふれているし、メトロの乗り換え案内は不親切だし、英語があまり通じないし、寒いし、、、。バークレー(カリフォルニアにある街)のほうがいいなと思っていたみたいです。
ポンヌフは有名だけど、渡っていると見えないから、その隣にかかるポン・デ・ザールを夕暮れ時に渡るのがお勧めです。

ポン・デ・ザールを渡るとすぐにルーブル博物館。

ルーブルの中庭に入ったときにあっこさんが発した言葉、「すげえ。これはすげえ、、、。」は忘れられません。本当にすげえですよ、ルーブルの建物は。このときは、若い音楽家が弦楽器でモーツアルトを弾くのを聴きながら中庭のピラミッドを一周しただけ。

食べ歩きの旅と思ったんだけど、お昼ご飯を食べ過ぎておなかがちっとも減らなかったので、この日の夜は食べられず。残念。
| マスターとあっこさん | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode