Entry: main  << >>
トリュフ祭り開催中!

トリュフ祭り。


ボリュームと低価格がウリのメトロに似つかわしくないのですが、トリュフを買ってしまいました。いや買うしかなかった。

訳はご来店のときに話します。

オーストラリア産、約20万円/kg。100gで約2万円。

この季節はオーストラリア産のほうがヨーロッパ産よりもうんと高いです。うーんと。6倍くらい。オーストラリアはサマーじゃないからね。

台所の宝石や〜!


トリュフトッピング千円!
なんにでも!
オススメは前菜なら鶏肉のバロティーヌとか、馬肉のタルタル。
メインなら鴨や牛肉のロースト。牛ほほ肉の赤ワイン煮込みに。
なにげに生ハムのサンドイッチに挟むのも一番オススメ。パリのボンマルシェで食べたアルバ産のトリュフのサンドイッチを思い出す。byあっこさん。

| マスターとあっこさん | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode