Entry: main  << >>
パリ日記 2017 8日目 月曜日 昼ごはん『chez GEORGES シェ・ジョルジュ』

朝起きて〜、カフェ・アール・ゼ・メチエでお茶をする。

お茶を飲みながら今日の計画を立てる。

 

お気に入りのビストロ、『CHEZ FRED シェ・フレッド』に行こうと決める。

ネットで検索しても月曜日はやっている。

パリの外れの16区に行ったのに、なんと休み!

 

仕方がないので、そういえばシェ・ジョルジュという老舗ビストロもこの近くにあったことを覚えてたので行ってみましたよ。

 

昔ながらのかっこいい感じじゃないですか!

 

メニューも昔ながらの感じです。

 

 

お気に入りのロゼワインもありました!

これは行こうとしてたシェ・フレッドでいつも飲むロゼワインです。

 

 

マスターとアッコさんで、前菜なしでそれぞれメインだけ頼みました。

マスターは珍しく魚介料理。

小イカのポワレ、チョリソーとピキオス。

シンプルだけどとても美味しい。

 

付け合せのサラダ。

 

あっこさんのメイン。

バヴェットステーキ。

このうえなくシンプル!

 

デザート。

ババ・オ・ラム。

頼んでもいないのにひとつをふた皿に分けてくれました。

しっかり料金は上乗せされてましたけど・・・。

SAIN JAMESと書かれてるボトルはラム酒。かけ放題。

とても美味しいババ・オ・ラムでしたよ。

 

食後にカフェ。

 

カフェを頼むと付いて来るプチフール。

源氏パイみたいなお菓子、パルミエ。黒いのはチョコレートだったかなあ。

 

シェ・ジョルジュ、老舗ビストロなだけあってお値段はそれなりに高級でした。

もう行かないと思いますね。

シェ・ジョルジュという同名のビストロがオペラ座のほうにもあって、本当に行きたかったのはそちらのほうでした。

 

帰りにルーブルに寄りました。

寄っただけじゃなくてフェルメール展をやってたので、それは見たいなあと思って、ちゃんと入場券を買って入ったんだけどね。

フェルメール展は今日はもう終わりましたと言われましたよ。びっくり。

最初から言ってくれてれば入場券は買わなかったんですけどね。

30分くらいでルーブルを出てきましたよ。

さすがにフランスクオリティのサービス!

フランスのサービスに期待はしていないのに、さらにそこを落としてくれる。

 

 

| マスターとあっこさん | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode