Entry: main  << >>
AAAAA.Andouilitte

最近、ハマってるもの。

アンドゥイエット作り。

 

フランス料理ってピロピロ葉っぱを飾ったり、泡のソースをかけたりっていうんじゃないと思うんですよね。

一緒に食べたらさらに美味しくなるというものならお皿に乗っけてもいいと思うんですどね。

足し算よりも引き算。

日本人は『わびさび』の世界も知ってるし、シンプルイズベスト。

フランス料理もそういうもんだと思いますね。

 

フランス料理って結構ゲテモノが多い気がします。

豚の血のソーセージ、ブーダンノワールなんかもそうだけど。

高級レストランのメインにはカエルなんかもありますね。

なんでも食べる。まずはそれが美食への道なのかもしれません。

 

そういうわけでアンドゥイエット!

豚の直腸の中に豚の内臓を詰め込んだソーセージ。

これもね、内臓特有の臭さを全部消してしまってはいけませんね。

内臓の歯ごたえだけで終わってしまいますから。

フランス人は、におい(匂いでも臭いでも)好きですよね。

ジビエなんかも臭うからいい!みたいな。

臭わせてなんぼみたいな。

ジビエの肉も熟成させて柔らかく、そしてタンパク質がアミノ酸に変化して旨みが強くなると同時に少し臭いが出てきたところが美味しい、みたいな。

綺麗に飾ることよりも味への追求ですよね、一番大切なのは。

 

これがアンドゥイエットです。

うふふ。

セクシーすぎてこのままお出しするのはアレなんで、少しだけ化粧させてお出ししますね。

 

ちなみにAAAAAは取ってません。いつか取れたらいいなあ。

| マスターとあっこさん | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode