Page: 1/25   >>
リヨン風クネル

真鯛とホタテのクネル。1280円。
ベジファームさんのほうれん草が美味しい季節に是非とも作りたい料理。

ベジファームさんのお野菜は葉っぱ一枚一枚の厚みも違うし、美味しいね。

| マスターとあっこさん | 23:43 | comments(0) | - |
クロワッサン

たまにはメトロのお料理なども。

最近嵌まっているもの。

クロワッサン作り。

 

理想のクロワッサンがありまして、

フワッと軽いクロワッサンじゃなくて、

それぞれの層は厚く、味わいがあるもの。

もちろんバターの香りは大切です。

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤してますが、食べたら美味しいので売ってます。

そこまで頑固オヤジじゃないので。

だいたい土日にあります。

 

 

 

| マスターとあっこさん | 18:06 | comments(0) | - |
タルトタタン、始まってます。

去年までと少し作り方を変えました。

食感がちょっと変わったような気がします。

 

| マスターとあっこさん | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
トリュフ祭り開催中!

トリュフ祭り。


ボリュームと低価格がウリのメトロに似つかわしくないのですが、トリュフを買ってしまいました。いや買うしかなかった。

訳はご来店のときに話します。

オーストラリア産、約20万円/kg。100gで約2万円。

この季節はオーストラリア産のほうがヨーロッパ産よりもうんと高いです。うーんと。6倍くらい。オーストラリアはサマーじゃないからね。

台所の宝石や〜!


トリュフトッピング千円!
なんにでも!
オススメは前菜なら鶏肉のバロティーヌとか、馬肉のタルタル。
メインなら鴨や牛肉のロースト。牛ほほ肉の赤ワイン煮込みに。
なにげに生ハムのサンドイッチに挟むのも一番オススメ。パリのボンマルシェで食べたアルバ産のトリュフのサンドイッチを思い出す。byあっこさん。

| マスターとあっこさん | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポルケッタ。

1月22日にイタリアのポルケッタ(子豚の丸焼き)職人ジャコモとポルケッタを作りました。

今回は皮付きの豚バラ肉で作りました。

 

まずはニンニクを湯通し。

そのままじゃ匂いが強すぎるから一回茹でこぼすんだって。

 

フェンネル

ザクザク適当に切る。

 

たっぷり使う。

 

豚バラ肉に塩コショウを刷り込む。

左側のボウルに塩と胡椒を混ぜたものが入っているんだけど、胡椒をたっぷり混ぜてましたね。本当にたっぷり。

 

刻んだフェンネル、ニンニク、フェンネルシードを散らす。

 

糸でグルグル巻いてこんな感じ。

 

150度で2時間、そのあと180度2時間、最後に200度で30分くらい焼きました。

料理仲間も呼んで見学してたのだけど、「おいおい、まだ焼くのかよ!心配だよね」というくらい焼きましたね。

 

皮はガチガチ、豚バラ肉の脂はすっかり抜けました。

さっぱり食べられていいですね。

 

何回か作って自分のものにしよう。守破離で。

 

 

 

 

 

| マスターとあっこさん | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode