Page: 1/23   >>
「暗い暗い」と言う前に進んで灯りを点けましょう。

洋なし入りのコンヴェルサシオン


タルトタタンをやってて、折り込みパイ生地の2番生地があったので久しぶりにコンヴェルサシオンを焼きました。

あっこさんは初めて作ったのかもしれないね。

マスターは何年も作ってないよ。
上掛けが厚くなりすぎたかもしれませんね。

「甘い甘い」と文句を言うなら一緒にブランデーでも飲んだらいいじゃない!

 

格言にもあるでしょ。

「暗い暗い」と言う前に、進んで灯りを点けましょう。って。
何事も積極的にね!
追伸:味見したら甘さもちょうどよくて美味しかったよ。
| マスターとあっこさん | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンドゥイエット

リクエストがあったわけではないけれど。
そんなに需要があるわけではないけれど。
アンドゥイエット作りました!


レストランじゃ食べられない!
うちがやらねばどこがやる!
作るたびに進化。
ぶっといぜよ!
 

宇都宮で流行り始めるかもよ!

| マスターとあっこさん | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Joyeux noel!

みなさ〜ん、ジョワイユノエ〜ル!

 

今日は暖かいクリスマスになりそうですね。

今夜はお食事はノエルコース(6480円)のみとなります。

 

 

お酒(生ハムやチーズ等おつまみのご用意できます。)や喫茶のご利用の方大歓迎です。

 

 

 

| マスターとあっこさん | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョコレートの季節

ボンジュール!

チョコレート作りにいい季節になりました。

暑いときは暑いときで作業しやすいんですけどね。

暑いときにはチョコレートをあまり食べたくないという。

 

まずはアマンド・ショコラを作りました。

香ばしく焼いたアーモンドを砂糖でキャラメリゼ。

そこにテンパリングしたヴァローナのカラクというチョコレートでコーティング。

それからココア掛け。
2キロくらいできました。
値段を計算してないけど、だいたい100gで800円くらいかな。

たぶんすごく安いはずです。

安さを売りにしてるわけではないけれど、高くして高級感やらセレブ感を出したいわけではもっとない。

セレブの社交場みたいな店にはしたくないんですよ!

いやなんだよなあ、ああいうの。


食後のコーヒーとともにでも良し、食後酒とともにでも良し。

ブランデー、いいのありますよ。
なんだったら赤ワインにも合うし。

| マスターとあっこさん | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
AAAAA.Andouilitte

最近、ハマってるもの。

アンドゥイエット作り。

 

フランス料理ってピロピロ葉っぱを飾ったり、泡のソースをかけたりっていうんじゃないと思うんですよね。

一緒に食べたらさらに美味しくなるというものならお皿に乗っけてもいいと思うんですどね。

足し算よりも引き算。

日本人は『わびさび』の世界も知ってるし、シンプルイズベスト。

フランス料理もそういうもんだと思いますね。

 

フランス料理って結構ゲテモノが多い気がします。

豚の血のソーセージ、ブーダンノワールなんかもそうだけど。

高級レストランのメインにはカエルなんかもありますね。

なんでも食べる。まずはそれが美食への道なのかもしれません。

 

そういうわけでアンドゥイエット!

豚の直腸の中に豚の内臓を詰め込んだソーセージ。

これもね、内臓特有の臭さを全部消してしまってはいけませんね。

内臓の歯ごたえだけで終わってしまいますから。

フランス人は、におい(匂いでも臭いでも)好きですよね。

ジビエなんかも臭うからいい!みたいな。

臭わせてなんぼみたいな。

ジビエの肉も熟成させて柔らかく、そしてタンパク質がアミノ酸に変化して旨みが強くなると同時に少し臭いが出てきたところが美味しい、みたいな。

綺麗に飾ることよりも味への追求ですよね、一番大切なのは。

 

これがアンドゥイエットです。

うふふ。

セクシーすぎてこのままお出しするのはアレなんで、少しだけ化粧させてお出ししますね。

 

ちなみにAAAAAは取ってません。いつか取れたらいいなあ。

| マスターとあっこさん | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode