Page: 1/24   >>
トリュフ祭り開催中!

トリュフ祭り。


ボリュームと低価格がウリのメトロに似つかわしくないのですが、トリュフを買ってしまいました。いや買うしかなかった。

訳はご来店のときに話します。

オーストラリア産、約20万円/kg。100gで約2万円。

この季節はオーストラリア産のほうがヨーロッパ産よりもうんと高いです。うーんと。6倍くらい。オーストラリアはサマーじゃないからね。

台所の宝石や〜!


トリュフトッピング千円!
なんにでも!
オススメは前菜なら鶏肉のバロティーヌとか、馬肉のタルタル。
メインなら鴨や牛肉のロースト。牛ほほ肉の赤ワイン煮込みに。
なにげに生ハムのサンドイッチに挟むのも一番オススメ。パリのボンマルシェで食べたアルバ産のトリュフのサンドイッチを思い出す。byあっこさん。

| マスターとあっこさん | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポルケッタ。

1月22日にイタリアのポルケッタ(子豚の丸焼き)職人ジャコモとポルケッタを作りました。

今回は皮付きの豚バラ肉で作りました。

 

まずはニンニクを湯通し。

そのままじゃ匂いが強すぎるから一回茹でこぼすんだって。

 

フェンネル

ザクザク適当に切る。

 

たっぷり使う。

 

豚バラ肉に塩コショウを刷り込む。

左側のボウルに塩と胡椒を混ぜたものが入っているんだけど、胡椒をたっぷり混ぜてましたね。本当にたっぷり。

 

刻んだフェンネル、ニンニク、フェンネルシードを散らす。

 

糸でグルグル巻いてこんな感じ。

 

150度で2時間、そのあと180度2時間、最後に200度で30分くらい焼きました。

料理仲間も呼んで見学してたのだけど、「おいおい、まだ焼くのかよ!心配だよね」というくらい焼きましたね。

 

皮はガチガチ、豚バラ肉の脂はすっかり抜けました。

さっぱり食べられていいですね。

 

何回か作って自分のものにしよう。守破離で。

 

 

 

 

 

| マスターとあっこさん | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます。からのポルケッタ祭り!

あけましておめでとうございます。

ちょっと最近、ブログをサボり気味。
年末年始、あちこち行ったり、いろいろ食べたりしましたよ。
そんなのは後で記事にしようかな。
今回は!
これは言っておかなければなるまい!
500gのお肉がじっくり焼くと半分くらいになっちゃうので、焼き上がりひと皿250gで1800円くらいで考えてます。
お気軽にどうぞ〜。シェアしてもよし!
| マスターとあっこさん | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
作っちゃったよ(笑)

Olaオラー!

 

作っちゃいましたよ。

フェイジョアーダ!

調べるといろんな国で作られてるのね。

世界で最も有名なのがブラジルのフェイジョアーダ。

 

Wikipediaで調べると起源はいろいろあるみたいだけど、ブラジルはポルトガルの植民地だったからね。

ヨーロッパ各地にある『豆と肉の煮込み料理(フランスで有名なのがカスレ)』がブラジルでブラジルの素材を使って発展したという感じだろうね。

 

見た目はオーブンで仕上げない『黒いカスレ』です。

材料は豚肩ロース、鶏肉、ソーセージ、ベーコン、豚足です。

ランチのスペシャル価格の(スペシャルは煮込み料理がほとんど。気づいたら)1296円!(サラダとコーヒー付き)

メトロのことだからボリュームは心配しないで!

フェイジョアーダは初めて作ったけど、お味の方はWikipediaに似たような料理に『カスレ』って載ってるし、カスレは作り続けて12年だからもうベテランです。

お味の方の心配もしないで!ブラジル行かなくても宇都宮で食べられます。

| マスターとあっこさん | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
もうすぐ今年終了

ひゃあ、もう年末も年末。今年も終わりますよ。

ブログの更新もないまま、クリスマスも終わってしまいました。

Facebookではちょこちょこなんかしら記事をアップしてるんですけどね。

Facebookやってないひともメトロの記事なら見れるとか?

お隣にメキシコ料理のお店が出来たのでいろいろとあります。
どうして間違えちゃうのかお隣のお客さんが入ってきちゃうんですよね。
似てる?
2階に上がってきて「誰もいねえや」と言って出て行ったり(失礼ですよね)、「予約した何々です」と言って、こちらも予約帳みてもそんな名前ないんだけど、こちらのミスかもしれないので「どうぞこちらの席へ」なんて言っちゃうわけですよね。しばらくすると「ここはメキシコ料理の店じゃないですよね」と言われるんです。「メキシコ料理は隣です」となるわけです。水返せってなりますよね。
隣の店との間についたてとか作ってみたけどそれでも間違えるので最後の手段に打って出ました。
意外とこれが一番効果あった!
でもあっこさんがひと言。
「となりが『メキシコ料理はこちらです』の看板出したらいいのに」。ごもっともですな。
それと冬のフランス料理と言ったらジビエですか?
メトロにもジビエ来ましたよ。
千葉産(ジビエだから千葉で獲れたというだけだけれども)の真鴨です。
フランス語でいうとコルベールです。
東京の名店、北島亭もコルベールはフランス産よりも国産が美味しいと言って国産を使ってます。
クーリルージュさんから分けてもらいました。前にもらって食べてすごく美味しかったんですよね。
首から上を狙って撃ってるので胴体にほとんど弾が入ってないのもいいです。
どうしても1羽まるまる焼きたい!
こんな風にね。
焼いてから胸肉とモモ肉に切り出す。
レバーも刻んでソースに。
1羽で2人前!

1羽で8000円!仕入れ代考えるとすごく安いはずです。
1羽まるまる焼くとお腹の中は空洞だから上手にローストされるんですよね〜。
半身でいいよという方には泣く泣く捌いてから半身にして焼きます(シクシク)。
半身で5千円。値段も少し高くなります(シクシク)。
ジビエを入れたコースなんかはお得です!
アミューズ・オードブル・ジビエ・デザート・コーヒーでお一人7千円!(1羽2人前なので偶数でお願いします!)
| マスターとあっこさん | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode