Page: 1/25   >>
パン・オ・ルヴァン

ボンジュール!


自粛期間中にね、時間あるから干しぶどうから起こした酵母で自家製酵母のカンパーニュを作り始めました。


東京のル・キャバレで出してるカンパーニュが美味しくてね。パリで食べたプージョランのパンに似てた。訊いたら「カタネベーカリー」のパンだそうな。お取り寄せしたかったけど、やってない。

「それなら自分で作るしかなかんべ」というわけで作り始めたわけです。

これが自家製酵母から起こしたパン種。ルヴァンです。

たまに小麦粉と水を足してリフレッシュさせて何年も育てて行きます。食べ物なくなったら餓死するんですよ。ほとんどペット。


これがメトロのパン・オ・ルヴァン。

1〜2センチにスライスしてトーストしてから有塩バターとハチミツ乗せて食べるのが朝の楽しみ。







| マスターとあっこさん | 10:24 | comments(0) | - |
リヨン風クネル

真鯛とホタテのクネル。1280円。
ベジファームさんのほうれん草が美味しい季節に是非とも作りたい料理。

ベジファームさんのお野菜は葉っぱ一枚一枚の厚みも違うし、美味しいね。

| マスターとあっこさん | 23:43 | comments(0) | - |
クロワッサン

たまにはメトロのお料理なども。

最近嵌まっているもの。

クロワッサン作り。

 

理想のクロワッサンがありまして、

フワッと軽いクロワッサンじゃなくて、

それぞれの層は厚く、味わいがあるもの。

もちろんバターの香りは大切です。

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤してますが、食べたら美味しいので売ってます。

そこまで頑固オヤジじゃないので。

だいたい土日にあります。

 

 

 

| マスターとあっこさん | 18:06 | comments(0) | - |
タルトタタン、始まってます。

去年までと少し作り方を変えました。

食感がちょっと変わったような気がします。

 

| マスターとあっこさん | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
トリュフ祭り開催中!

トリュフ祭り。


ボリュームと低価格がウリのメトロに似つかわしくないのですが、トリュフを買ってしまいました。いや買うしかなかった。

訳はご来店のときに話します。

オーストラリア産、約20万円/kg。100gで約2万円。

この季節はオーストラリア産のほうがヨーロッパ産よりもうんと高いです。うーんと。6倍くらい。オーストラリアはサマーじゃないからね。

台所の宝石や〜!


トリュフトッピング千円!
なんにでも!
オススメは前菜なら鶏肉のバロティーヌとか、馬肉のタルタル。
メインなら鴨や牛肉のロースト。牛ほほ肉の赤ワイン煮込みに。
なにげに生ハムのサンドイッチに挟むのも一番オススメ。パリのボンマルシェで食べたアルバ産のトリュフのサンドイッチを思い出す。byあっこさん。

| マスターとあっこさん | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode