Page: 1/135   >>
筑波で遊ぼ 『AMICIアミーチ』

「筑波で遊ぼ」の最終回。

結局ね、大人の遊びなんて食べてばっかり!

ディナーの前に少しでもお腹を空かしておかなければ。

 

というわけで公園散歩。

 

そしてイチロー御用達の楽器屋さん、『MUSIC PLANT』へ。

マスターはワイヤレスギターシステムを買いました。

これでワイヤーなしでギターアンプから音が出るわけです。
練習する環境だけはバッチシ!
最近ね、ピアノは練習する環境が出てきたのでよく練習するのですが、ギターが全く。
ギターもピアノも練習しようとしたら現実的には時間が全く足りないのだけど。

 

家具屋さん。

 

そして筑波で有名な『AMICI アミーチ』でございます。

ビカビカに光っております。

 

 

 

男ばっかり5人くらいでやってるお店。

メニューも価格も男前。

 

豊後水道から届く鮮魚。

ここから選んで丸ごと料理してもらう。

 

白ワイン。

 

ガサエビ、ひよこ豆、青海苔のフリット。

ひよこ豆はペーストにしたもの、青海苔はピザ生地に青海苔をまぶしたもの。

美味しかったね。

 

ピザ・マルガリータ。

アミーチは真のナポリピザ協会が認める店なのだ。

宇都宮だと『アロマ・デル・ソル』だけ。

 

豊後水道のカサゴのアクアパッツァ。

豪快で良かっぺな〜。

 

豚肉のロースト。

ソースがついてるイタリアンて初めて。

 

 

ミラノ名物!仔牛のスネ肉の煮込み。

 

デザートいろいろ。

 

 

 

 

 

食べた、食べた。

筑波、初めて行ったがなかなか楽しいでおじゃる。
宇都宮から車で1時間かからないんだわ。

 

| マスターとあっこさん | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベッカライ・ブロートツァイト〜シンゴスター

さてさて、続き〜。

 

筑波出身のゆりちゃんが筑波の友達にいろいろ訊いて、是非行ったほうがいいと言われて来たのがこちら。

ベッカライ・ブロートツァイト。

ドイツパンのお店です。

 

フランスのパン・ド・カンパーニュみたいです。

焼くと小麦粉のいい香り、食べると天然酵母の酸味。
美味しいパンでした。

 

注文ごとにサンドイッチも作ってくれるんだわ。

これはレバーサンド。
ほとんどレバーをミキサーで回しただけのようなレバー感たっぷりのサンドイッチでした。

で、ベッカライ・ブロートツァイトさんがオススメしてくれたのが、カフェとか古本屋とか雑貨屋さんとか居酒屋が並んだところ。

ここは古本屋さん。

 

次に向かったのがShingostar Living

なんだこのコンクリの塊は?

と思ってたら、これがカフェだったよ〜。
入り口は奥、奥。

 

友達イチ押しのメニュー。

マスカルポーネのオープンサンド。

たぶん、ベッカライ・ブロートツァイトのパンじゃないかなあ?
それに甘くしたマスカルポーネを塗って少しラズベリソースも垂らしてるのかなあ。
そこにいろんなフルーツ。
仕上げに蜂蜜か。

 

シンゴスターの庭先に建つ蔵は雑貨屋さんになってましたよ。

 

コンクリの塊の反対側ね。

 

| マスターとあっこさん | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
筑波で遊ぼう 『STYLE SHOP』〜『da Dada』

筑波のインテリアショップ、『ホームシック スタイルショップ』に寄りました。

 

 

アルネ・ヤコブセンのエッグチエア

 

たったの94マンエ〜ン!

 

座ってぐるぐる廻ってきました。

スタッフが見張ってないのに94万円の椅子に座らせてもらえるとは筑波は太っ腹です。

 

 

イタリアのビオワイン中心の輸入会社ヴィナイオータがやってるワインショップ。

『ダ・ダダ』

 

フランスワインがあったので買いました。

最近はヴィナイオータさんは忙しくてなかなか直接は取引できないらしいよ。

 

| マスターとあっこさん | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
筑波で遊ぼう 下館『荒為(あらため)』

このあいだ、奥さんが筑波出身の友達と筑波に行ってきましたよ。

マスターもあっこさんも筑波は初です。

 

宇都宮から車で行って、お昼ご飯は途中の下館の『荒為』さんで食べました。

荒為さんは古民家を利用した和食屋さん。

 

入り口から風情ある。

 

 

古民家っつっても豪商の家みたいな立派な建物なんだわ。

 

螺鈿の箪笥みたいなのも高級そう。

 

お弁当スタイルのランチ。

呑めるメニューで困っちゃう。

ビールをいただきました。

 

 

デザート。

なんだったっけな。

由緒ある和菓子でしたよ。

 

 

| マスターとあっこさん | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
レスプリ・ミタニ・ア・ゲタリ

藤田嗣治展のあとにお気に入りの『レスプリ・ミタニ・ア・ゲタリ』に行ってきました。

 

白ワインはボトルで。

トム・クルーズお気に入りの作り手、アラン・ブリュモンのブースカッセ。

 

 

冷前菜。イワシのマリネ

ふた皿に分けてもらいました。

 

冷前菜。うさぎのゼリー寄せ。

これもふた皿に分けてもらいました。

三谷シェフがフランスに行って初めて教わった料理だそうです。
それ以来、ずっと作り続けている料理。

 

フランス産とイタリア産のキノコのオムレツ。

シンプルだけどとても美味しい。

実はマスターはトロトロオムレツが重くて苦手なのだけど、これはトロトロしてなくていい。
あの重さはバターのせいなの?生卵は3個くらいはかき混ぜて醤油垂らしたら一気に飲めるんですけどね。
フランスでトロトロオムレツって見たことないけど。

 

赤ワインはカラフェで。

 

シストロン産の子羊。

この一皿で6800円した。高級品です。

ソースは別添えでした。そのソースもものすごく美味しかった。

 

イタリア産仔牛のタリアータ。

生でも食べられる仔牛の表面をさっと焼いてスライスしたもの。

スライスといっても1cmくらいの厚みがあったなあ。
これも5000円くらいはする。

 

デセール。

左がガトーバスク。前に食べて美味しいのは知っている。

奥はイチジクのタルト。

手前はテリーヌショコラ。

 

スイカのフルーツポンチとダコワーズ。

 

マスターはダコワーズ。

マスターはこういうアーモンドパウダーを使った生地のお菓子が大好き。

 

あっこさんはイチジクのタルト。

 

食後にマールとアルマニャック。

 

質実剛健!

こういう料理が好きだなあ。

 

昔テレビで『料理は五感だけど、もっとも視覚が大切。視覚が8割。綺麗に盛り付けてくれればお客さんに「美味しい」と言わせます』ってどこかのレストランのサービスマンが言ってたなあ。

ぼくは見た目じゃ騙されないタイプ。

 

 

| マスターとあっこさん | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田嗣治展

ボンジュール!

東京都美術館でやってる『藤田嗣治展』に行ってきましたよ〜。

この絵はあっこさんがいちばん好きな絵らしいよ。

 

藤田嗣治って生涯でいろいろ絵のスタイルが変わっていったんだね。

それぞれ素晴らしいものでしたよ。

 

この髪型!

最初は「ないな」と思ってたけど、見終わったあとは「あり!」と思い直しましたよ。
100年前にこのファッション感覚。すごいよね。

 

なぜか「しりあがり寿」デザインの藤田嗣治。

思わずキーホルダーやらぬいぐるみ買っちゃったよ〜。いらねえだろ!

 

| マスターとあっこさん | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
晩夏

ボンジュールみなさ〜ん。

 

今夜はロゼ満なんです。

夏の終わりの夜にプロヴァンスのロゼワイン。

やだ、素敵すぎる。

 

イチジクのタルトはフレッシュと焼き込みの2種。

桃のオーブン焼きもそろそろお終いです。

 

今宵も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

| マスターとあっこさん | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
木曜会 in 『 川蝉』

ボンジュール!

マスターは月一回に「木曜会」と称する怪しげな呑み会に参加してます。

木曜会は昼から集まれる人たちの飲み会です。

もう一年ちかくなるね。

ま、今月は明後日なんですけどね。

そんなわけで木曜会からのピックアップ。

 

『川蝉』

最近、鰻といえば川蝉というくらいに人気になってきたみたいですね。

うちの父親(もう亡くなってるけど)は50年ほど前に九州からの転勤で宇都宮にやってきたのだけど、その当時から川蝉に毎日のように行っていたとか。当時は駅前には川蝉くらいしかなかったとも言ってましたね。

父親が亡くなってから行ったときに「金山です」と言ったら、「金山さんの息子さんかい」「金山さんの息子さんがこんなに大きくなってたら俺たちも年取るわけだ」「金山さんの息子さんだったら美味しいの好きでしょう」なんて言われてちょっと嬉しかったです。

そんな思い入れのある『川蝉』さんです。

 

木曜会はとにかく呑む。

 

ランチタイムはおつまみは簡単なものしかできないみたいです。

イカの塩辛とホヤの塩辛。

 

水ナスの浅漬け

 

お吸い物

 

うな重

 

美味しかったです。

 

 

| マスターとあっこさん | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode