Page: 1/135   >>
レスプリ・ミタニ・ア・ゲタリ

藤田嗣治展のあとにお気に入りの『レスプリ・ミタニ・ア・ゲタリ』に行ってきました。

 

白ワインはボトルで。

トム・クルーズお気に入りの作り手、アラン・ブリュモンのブースカッセ。

 

 

冷前菜。イワシのマリネ

ふた皿に分けてもらいました。

 

冷前菜。うさぎのゼリー寄せ。

これもふた皿に分けてもらいました。

三谷シェフがフランスに行って初めて教わった料理だそうです。
それ以来、ずっと作り続けている料理。

 

フランス産とイタリア産のキノコのオムレツ。

シンプルだけどとても美味しい。

実はマスターはトロトロオムレツが重くて苦手なのだけど、これはトロトロしてなくていい。
あの重さはバターのせいなの?生卵は3個くらいはかき混ぜて醤油垂らしたら一気に飲めるんですけどね。
フランスでトロトロオムレツって見たことないけど。

 

赤ワインはカラフェで。

 

シストロン産の子羊。

この一皿で6800円した。高級品です。

ソースは別添えでした。そのソースもものすごく美味しかった。

 

イタリア産仔牛のタリアータ。

生でも食べられる仔牛の表面をさっと焼いてスライスしたもの。

スライスといっても1cmくらいの厚みがあったなあ。
これも5000円くらいはする。

 

デセール。

左がガトーバスク。前に食べて美味しいのは知っている。

奥はイチジクのタルト。

手前はテリーヌショコラ。

 

スイカのフルーツポンチとダコワーズ。

 

マスターはダコワーズ。

マスターはこういうアーモンドパウダーを使った生地のお菓子が大好き。

 

あっこさんはイチジクのタルト。

 

食後にマールとアルマニャック。

 

質実剛健!

こういう料理が好きだなあ。

 

昔テレビで『料理は五感だけど、もっとも視覚が大切。視覚が8割。綺麗に盛り付けてくれればお客さんに「美味しい」と言わせます』ってどこかのレストランのサービスマンが言ってたなあ。

ぼくは見た目じゃ騙されないタイプ。

 

 

| マスターとあっこさん | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田嗣治展

ボンジュール!

東京都美術館でやってる『藤田嗣治展』に行ってきましたよ〜。

この絵はあっこさんがいちばん好きな絵らしいよ。

 

藤田嗣治って生涯でいろいろ絵のスタイルが変わっていったんだね。

それぞれ素晴らしいものでしたよ。

 

この髪型!

最初は「ないな」と思ってたけど、見終わったあとは「あり!」と思い直しましたよ。
100年前にこのファッション感覚。すごいよね。

 

なぜか「しりあがり寿」デザインの藤田嗣治。

思わずキーホルダーやらぬいぐるみ買っちゃったよ〜。いらねえだろ!

 

| マスターとあっこさん | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
晩夏

ボンジュールみなさ〜ん。

 

今夜はロゼ満なんです。

夏の終わりの夜にプロヴァンスのロゼワイン。

やだ、素敵すぎる。

 

イチジクのタルトはフレッシュと焼き込みの2種。

桃のオーブン焼きもそろそろお終いです。

 

今宵も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

| マスターとあっこさん | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
木曜会 in 『 川蝉』

ボンジュール!

マスターは月一回に「木曜会」と称する怪しげな呑み会に参加してます。

木曜会は昼から集まれる人たちの飲み会です。

もう一年ちかくなるね。

ま、今月は明後日なんですけどね。

そんなわけで木曜会からのピックアップ。

 

『川蝉』

最近、鰻といえば川蝉というくらいに人気になってきたみたいですね。

うちの父親(もう亡くなってるけど)は50年ほど前に九州からの転勤で宇都宮にやってきたのだけど、その当時から川蝉に毎日のように行っていたとか。当時は駅前には川蝉くらいしかなかったとも言ってましたね。

父親が亡くなってから行ったときに「金山です」と言ったら、「金山さんの息子さんかい」「金山さんの息子さんがこんなに大きくなってたら俺たちも年取るわけだ」「金山さんの息子さんだったら美味しいの好きでしょう」なんて言われてちょっと嬉しかったです。

そんな思い入れのある『川蝉』さんです。

 

木曜会はとにかく呑む。

 

ランチタイムはおつまみは簡単なものしかできないみたいです。

イカの塩辛とホヤの塩辛。

 

水ナスの浅漬け

 

お吸い物

 

うな重

 

美味しかったです。

 

 

| マスターとあっこさん | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
クーリ・ルージュ

あんまりね、地元の洋食屋さんについてはブログに書かないのだけど書いちゃおう。

 

自家製生ハム

 

今回の生ハムはブルーチーズのような味わいも感じた。

もちろんよく熟成された生ハムの特徴であるナッツの香りも。

高温多湿な日本で本格的な生ハムを作ることがどれほど困難なことか。

バスク料理屋さんの意地である。

冷蔵庫の送風口の近くでただ乾かしただけでは出ない味。

いや、冷蔵庫の送風口の近くで乾かした肉をお客さんに出していいものか疑問である。

 

ヤシオマスのマリネ。

付け合せもいたってシンプル。

例えばここにアスパラとかブロッコリーとかは合わない。

味と食感的に無駄。

 

鯵のマリネ

これもとてもいい。

 

足利マール牛のステーキ。

このさっぱりしたソースがとても気に入った。

どれほど気に入ったかというとメトロで真似してる。

 

バスクの赤ワイン。

確か一本3千円ほど。安い。

クーリ・ルージュのシェフの石川さん「高いワインは確かに美味しいけど、それだけじゃない。安くてもいろいろ美味しいのがある。そういうのを紹介するのも仕事」。

素敵。

 

デセール

イチゴとヨーグルトのソルベ。

 

クーリ・ルージュは遠くて飲んだら代行車代もかかるけど、代行代なんて3千円くらいのもんだよ。

代行代かけてもトータル安くて美味しいのが食べられて満足するから好きなんだな。

 

 

 

| マスターとあっこさん | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブラッスリー・オザミ

白内障の両目の手術を終えた晩御飯。

せっかく東京に来たのでホテルから近くのブラッスリー・オザミに行きました。

ディナーのコースは3千円くらいでした。選ぶ料理によってはプラス料金。

 

アミューズ。

豚のリエット。

丸めてあるので鯉の餌みたい・・・。

 

僕は手術後なのでお酒は呑んではいけません。

ペリエです。

あっこさんはロゼのカラフェ。

 

マスターの前菜。

テット・ド・コション。

豚の頭をほぐしてまとめて焼いたやつ。

ソースが粒マスタード多めで酸味が強い。

これがあると結構な確率で頼みます。

自分が好きなのでル・メトロにもあります。

 

あっこさんの前菜。

キノコとほうれん草のオムレツ。

スキレット鍋で出てくるとは思わなかった。

 

マスターのメイン。

ブイヤベース。

オマールが入ってる。

3千円くらいのコースでオマール入りなのでお得。

 

あっこさんのメイン。

鴨のロースト。

 

マスターのデセール。

桃のコンポート、バニラアイス載せ。

 

あっこさんのデセール。

クレームブリュレ。

 

東京で3千円くらいでこのコースが食べられたらお得なんじゃないですか。

お客さんはいっぱいいました。

| マスターとあっこさん | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
白内障手術

せっかくだから白内障の手術のことを書いておこうっと。

 

病院は品川近視クリニック。
いろんな友達がそこでレーシックやったって紹介してくれたので。
品川近視クリニックは設備も最新式なのかな。
術前の検査も日数も時間もた〜っぷりかけてやります。
それが大切みたいね。
白内障なので水晶体を人工のものに取り替えなくてはならないのだけど、遠中近見える最新式の3焦点レンズにしました。
白内障になったのは左目だけなんだけど、どうせ将来なるし、片方に白内障のレンズ入れて、もう片方をレーシックで切り抜けると見え方の差が出てストレスになると言われて思い切って両目ともすることにしました。
保険適用外なので高いです。
レンズはベルギー製。
ワールドカップを挟んでいたからかなかなか届かなかったよ。注文してから2ヶ月かかった。
ベルギー頑張ったからね。
(完全にベルギー人はワールドカップに夢中だったと思ってる)
両目とも手術するので左目、右目と2日に分けてやりました。
手術は点眼麻酔だけなのに全く痛くなかったです。
だけど緊張してたんだなあ。2日目は手術前に血圧測ったら上が180になってたよ。
普段120台なのに。
初日のほうが血圧は安定してたね。不思議。
さすがにね、手術終わったらグッタリしちゃいましたよ。
なんども言うけど全く痛みはなかったですよ。
術後の検査でもレンズがど真ん中に入ってると言われました。先生上手!
それで見え方も3焦点は単焦点レンズと比べて一長一短あると言われましたけど、今のところ短所はほとんどないですね。
強いて言えば近いところの焦点が40cmの距離に合わせてるので、ご飯食べるときにお茶椀持ち上げるとご飯がぼやけて見えます。
眼内レンズおすすめ〜。ちっとも怖くないですからね〜。是非〜。
| マスターとあっこさん | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
目の手術、無事終わりましたよ。

ぼんそわー!

 

目の手術、無事終わったんです。

片目が終わったところ。この日が一番不便。

 

手術後一週間はお酒が呑めないので不自由です。

日比谷の何気なく入った韓国料理屋さんに『タットリタン』があったので食べました。

宇都宮の屋台横丁の『友 チング』さんで覚えた大好物の韓国料理。

チングさんのと比べるとシャバシャバしてるね。塩加減も薄め。

チングさんのはもう少し甘かった。

チングさんのタットリタンが食べたい。

 

両目の手術が終わって次の日に眼帯が取れたところ。

 

 

 

 

 

 

| マスターとあっこさん | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Comment

Archives

Recommend

パガニーニ:カプリース
パガニーニ:カプリース (JUGEMレビュー »)
パールマン(イツァーク),パガニーニ
ヴァイオリンの音色の素晴らしさが分かります。

Link

Mobile

qrcode